気になる料金

冊子と蛍光ペンと眼鏡

現代の医療福祉現場では年配の方がドイツ語で用語で学習し、比較的年代の若い方は英語で用語で習うようになっていて、一人の患者さんのカルテ内にはドイツ語と英語が複雑に入り混じっていますが、どちらの用語も翻訳できる環境にあると、医療福祉学習も可能となります。医療用語自体が日本語でもとても難しい分類であり、英語の世界的テストであるTOEICでも高得点のビジネス用語範囲に医療用語が収録されています。ドイツ語でも通訳レベルの学習が必要となりますが、どちらも翻訳できるほどの知識を身に着けると、医療用語程度しか学んでいない医師向けに医学雑誌や論文を翻訳する仕事に就くことができたり、医療事務の中でも頼られる存在となるため、学んでおいて損はありません。

医療用語は以前ドイツが医療先進国であったため、ドイツ語で書かれていることが多く、カルテという言葉に代表されるようにドイツ語標準言語でしたが、世界的に通じる英語が標準言語になってきて、様々な論文や雑誌も英語で表記されることが多くなっています。新旧、様々な言語が混在しているのが医療福祉の現場ですが、逆を返せば、どちらの言語も習得してしまえば、医師が記入するカルテの内容も論文や医療者向け雑誌も医療用語の羅列なので、素人でも簡単に読み解くことができます。医療福祉を学びたいと思った方は、難しい漢字表記の日本語書籍を読むよりも、英語やドイツ語の翻訳の学習から入った方が、より早く医療福祉の内容が学び取れます。