情報の管理

医師のユニフォーム

医療福祉の世界、特に医療の世界は以前はドイツ語が共通語として使われていました。日本でも医師を目指している人は大学では必ずドイツ語を勉強して習得しなければなりませんでした。医師がカルテに記入するのも同様ですから相当の時間をかけて学習しなければなりませんでした。医学に関連する論文などもドイツ語でしたのであまり得意でない人は翻訳を頼んで内容を理解しなければなりませんでした。最近の医療の世界のグローバルスタンダードは英語になっています。第二次世界大戦以降、敗戦したドイツに代わってアメリカが医療についても中心になっていますので、論文も英語で書かれることになっています。世界中の研究者がアメリカの大学や研究機関を目指してます。

医学の世界でもアメリカが最先端を行くようになったので以前はドイツ語がつかわれていた医学用語も徐々に英語に取って代わられるようになりました。日本では英語については中学生の頃から学習しているので読み書きだけについては比較的対応しやすいということでドイツ語より医師にとっては取り付きやすくなっています。論文なども英語の専門用語さえ理解が出来ていれば、あまり翻訳などには頼らなくても読みこなせる人が増えています。多くの日本人の医者の研究先もアメリカの大学や研究機関が増えていますし、臨床の勉強でもアメリカの病院を選択する医師が増加しています。先端医療の現場は規制の厳しい日本よりアメリカの方が経験が積みやすいからで、留学などの応募をすれば経験の場は確実に提供されることになります。